日記 2017年9月4日 shangrala.org コメントなし

胸キュンな殺し文句だらけの「町田くんの世界」名言5選!この言葉が言える町田くんにもはや敵なし!

この言葉が言える町田くんにもはや敵なし!胸キュンな殺し文句だらけの「町田くんの世界」名言5選

「町田くんの世界」の主人公の町田くんは、とにかく人が好きです。
なので、人の心をつかむ言葉を言うのがとても上手い。
作中でも数々の殺し文句を口にし、相手の心を鷲掴みにしています。
そんな町田くんの言われたら思わず胸がキュン!、となってしまう言葉を独断と偏見で5つ選んで紹介します。

1. 2巻 8話 167ページ
『僕はがんばってる人を憐れんだりしません。
みんながんばってるから、僕は人が愛しいです』

幼稚園の時にお世話になった英子先生との会話の中での、町田くんのセリフ。
町田くんが家で一人でいる猪原さんを下に見て憐れんでいると、英子先生に言われ、悩んで自問自答した末にこの言葉が出ました。
英子先生は猪原さんに似ていると、町田くんが言っていることからも、この言葉が猪原さんへの薄っすらとした恋心につながる感じがします。

2. 4巻 15話 155ページ
『町田くんの方が100倍かっこいーよ!』

町田くんに「氷室くんをカッコいいと思わないの?」と聞かれた猪原さんの答えがこれ↑です。
町田くんでないと嫌な、猪原さんのとても素直なお言葉。
人の価値基準はその人ごとに異なるという、好例と言えます。
それにしても、半ば告白のような言葉なのに、町田くんの反応が薄いです。
友達以上恋人未満でもない、二人の微妙な関係を色々と想像してしまうシーンです。

3. 4巻 15話 167~169ページ
『君は人の気持ちを考えないから、自分の気持ちも分からないんだ。
もっと自分を大事にしろよ。
気持ちが分からないっていうのは、大事にできてないってことだ。
人も自分も気持ちを大事にして初めて愛せるんだ』

人の気持ちがわからない氷室くんに対する、町田くんの言葉。
私はこの言葉に思わずなるほどと、納得してしまいました。
確かに良くわからない相手に、いきなり好意は持てません。
自分を大事にしない人に、他人を大事にできません。

4. 5巻 16話 42~43ページ
『人は生まれてくるだけでいいんだなって。
生まれてくるだけで、もう充分なんだって。
価値のない人なんていないよ』

無理をして生きてきた中学時代の同級生に言った町田くんの言葉。
言われてみれば当たり前なのですが、普段は忘れてしまいがちなことです。
ちなみに、私は「町田くんの世界」の中ではこの言葉が一番好きです。
16話は疲れていたり、荒んでいたりした時に特におすすめです。

5. 5巻 18話 127~128ページ
『僕にはあなたに恋をあげることはできません。
でも愛ならあげられます。
愛は知っているんです』

恋に破れ、無気力になっている白髪の女性を元気づけようとして出た町田くんの言葉。
全話を通じて、最強の殺し文句だと思います。
もはや高校生が言うセリフではないです。
これでは猪原さんがハラハラするのも当然でしょう。

候補を探すのに他にも抜粋したのですが、その一覧を見ると、本当に高校生なのか、はたまた人なのか、と思うほど殺し文句が満載でした。
町田くんと話した女性がことごとく落とされてしまうのも、無理ありません。
もっとも、そんな町田くんも恋愛感情を意識するようになったら、他の女性への対応が変わるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です